仙腸関節炎

国領駅周辺の皆さまへ こんなお悩みはありませんか?

  • 骨盤に痛みが出ている方。
  • 片方の足やお尻の部分だけに痛みが出る方。
  • 長い間イスに座っていられない
  • 歩き始めは痛みがあるが徐々に楽になってくる方。
  • 仰向けに寝ると痛みが増す

ぎっくり腰のような急性腰痛の一部は、仙腸関節の捻挫が原因と考えられます。

長い時間椅子に座れない、仰向けに寝れない、

痛いほうを下にして寝れない、動き始めの痛みなど

という症状が特徴的で、歩行開始時に痛みがあるが徐々に楽になる、正坐は大丈夫という患者さんが多くいらっしゃいます。

仙腸関節の捻じれが解除されないまま放置されてしまうと、慢性腰痛の原因にもなります。

時間が経てば治るだろうと思わず、しっかり原因を探りアプローチをしていきましょう。

 

仙腸関節って何?

仙腸関節とは、骨盤の中央に位置する仙骨(尾てい骨の上の骨)の左右に腸骨と言う骨が挟む形をしており、そのつなぎ目にあたる部分を「仙腸関節」と呼びます。

仙腸関節は脚と身体を繋ぐ重要な関節で、上半身の重さや地面からの衝撃を受け止める為に

非常に硬い靭帯にも覆われています。

 

仙腸関節炎の原因は何?

仙腸関節障害は関節の構造上、骨盤の周りの筋肉が固まっている状態を指しており、

・左右の脚を前後に動かし運動をしたりする方

・デスクワークなどの方で浅くもたれかかる形で座ることによる姿勢不良の方。

・いつも同じ手でかばんを持つ、脚を組む癖がある方

こうした環境になることで、左右非対称に力が加わり発症しやすくなります。

 

当院での仙腸関節炎に対しての施術方法

 

当院ではまず、患部の状態を把握するためにヒアリングを行います。

ヒアリング内容を基に、簡易的な検査を行い施術内容を絞っていきます。

施術内容としては、

痛みが強く出ている方に関しては
ハイボルトという電気治療器を使用し、
細かい検査を行いながら、痛みを取り除いていきます。

痛みが少ない方に関しては
実際に姿勢の矯正を行い、正しい骨格・関節に戻し
痛み、動きを解消していきます。

患者さんのお悩みの合わせて施術を行なっていきますので
まずは相談だけでも構いませんのでご連絡ください!