野球肩

国領駅周辺の皆さまへ こんなお悩みはありませんか?

  • ボールを投げると肩が痛む。
  • 肩のストレッチしていると違和感や痛みがある。
  • 肩の関節可動域が狭くなった。
  • 最近練習がキツく、身体のケアが出来ていない。投球数が多くなった
  • シャドウピッチングでは痛みを感じない。

野球肩は、その名の通り
野球をやっている方に多く出る症状です。

主にピッチャーの方が野球肩になりやすく
早い段階で適切な施術を行わないと
将来ボールすら投げれなくなってしまう怖いものです。

痛みは我慢してはいけません。
適切に処置を行なってから投球をしましょう。

 

野球肩って何??

野球肩、正式名称は投球肩障害と言います。

投球動作の繰り返しによって肩腱板、関節唇、関節包、筋肉など
軟部組織が損傷され、痛みと運動障害起こすものです。

主にピッチャーの方が野球肩になりやすく
早い段階で適切な施術を行わないと
将来ボールすら投げれなくなってしまう怖いものです。

 

野球肩はなんで起こるの??

主に野球のピッチャーで多くなるものですが、
全員がなるものではありません。

投球フォーム、肩関節の柔軟性、肩甲骨の柔軟性、投球後のケアの仕方

こういったものが野球肩になるならないを左右します。

・肩に負担を与えるような投げ方をしている
・肩周りがガッチガチに硬い
・筋肉が常に張っている
・練習後は特にケアをしていない

この項目に一つでも当てはまる方は要注意です。

痛みが出ているが、なかなか監督やコーチに言えずに
痛みを我慢しながら練習している方はいませんか?

痛みが出たら我慢せず、すぐに施術を開始しましょう。

 

 

 

国領駅前整骨院グループでの施術方法

当院ではまず、患部の状態を把握するためにヒアリングを行います。

ヒアリング内容を基に、簡易的な検査を行い施術内容を絞っていきます。

治療内容としては、

痛みが強く出ている方に関しては
ハイボルトという電気治療器を使用し、
細かい検査を行いながら、痛みを取り除いていきます。

痛みが少ない方に関しては
マッサージやテーピング、姿勢矯正などを行っていきます!

痛みを改善していきます。

患者さんのお悩みの合わせて施術を行なっていきますので
まずは相談だけでも構いませんのでご連絡ください!