鵞足炎

国領駅周辺の皆さまへ こんなお悩みはありませんか?

  • ひざの内側に痛みがある
  • 階段の上り下りの際にひざが痛む
  • 夜になると何もしなくても痛い
  • 普段スポーツをよくしている
  • ひざの内側を打撲したことがある

膝の痛みひざの内側下方には”鵞足”(がそく)と呼ばれる部分があります。

鵞足に腫れ、押した際の痛みなどがある場合には”鵞足炎”(がそくえん)が起きている可能性があります。

痛みはスポーツ中に現れることが多いですが、症状が進行すると歩くだけで痛くなったり
何もしなくても強い痛みがでることもあります。

鵞足には3つの筋肉がついています。

  • 縫工筋
  • 薄筋
  • 半腱様筋

この3つの筋肉が硬い場合や、鵞足部に繰り返しストレスが加わった場合に炎症が起き、鵞足炎となってしまいます。

間違った方法でのトレーニングや運動後のケアを怠ると鵞足炎になりやすいです

また、肥満や変形性膝関節症なども鵞足炎が起こりやすくなってしまうので注意が必要です。

鵞足炎の原因は?

カウンセリング風景鵞足炎はスポーツ選手や運動習慣がある人に多い症状です。

ひざを曲げる動き。股関節を内側にとじる動きを繰り返すことで鵞足に負担がかかり炎症を起こします。

また運動をしていない人でも鵞足炎を起こすことがあり、ひざの内側を強く打撲してしまったり、膝がX脚ぎみの人に起こりやすいと言われています。

国領駅前整骨院グループの鵞足炎へのアプローチについて

鵞足炎はひざの内側に炎症が起きているので早期の治療を行いましょう。
また痛みの原因を改善させなければ、痛みを繰り返す可能性があるので
注意が必要です。

痛みが出てしまう場合

痛みを取るハイボルテージ電気機器を使ったハイボルト療法があります。

鵞足炎の場合、ひざの内側に炎症が起きて痛みが強く出ていることが多いです。このハイボルト療法であれば身体の炎症を抑えながら、ひざのどこに炎症がでているか検査を行うこともできます。

今後、根本的な治療をご希望される際も
最短でお身体をよくできる方向性が説明できるようになります。

原因が骨格の歪みにある場合

ひざのストレスを減らすためには正しい姿勢を取らなければなりません。再び痛まない身体作りをする為の姿勢矯正があります。

国領駅前整骨院の姿勢矯正は、患者様のお身体をゆっくり大きく動かしていく手技療法と、人間の手では動かせない細かい関節をミリ単位で動かすトムソンテーブル矯正が行えます。

 

2つのオリジナルの矯正を行うことで患者様のお身体をしっかりサポートさせていただきます。

 

インナーマッスルが弱くなり痛みが出ている場合

機械を使い体幹(インナーマッスル)を寝ながら鍛えることが出来るトレーニングがあります。

整えた骨格を支えたり、疲労や負担に負けない身体づくりをするためにもインナーマッスルの強化は重要なポイントです!!

当院では、まずは今あるお悩みを取っていくための治療を徹底して行います。

その後、今後再び痛まないようにするために
根本的な原因に対して治療を行います。

せっかくお悩みがなくなっても時間が経ちまた繰り返させると心に対しても身体に対してもストレスや負担がかかってしまいますので国領駅前整骨院グループがお手伝いできればと思います。