梨状筋症候群

国領駅周辺の皆さまへ こんなお悩みはありませんか?

  • 長い時間座っているとお尻が痛くなる。
  • お尻、太ももが痺れる。
  • ふくらはぎが張っている
  • 歩くと痛みや痺れが軽くなることがある。
  • 足の感覚が鈍い。

腰への施術デスクワークや学生の方でずっと座っているとお尻や足が痛くなったり、痺れてきてしまう人がいるのではないでしょうか?

その症状”梨状筋症候群”の可能性があります。

仕事や勉強に集中して取り組むためにもその痛みを放っておかずに是非当院にご相談ください。

梨状筋症候群とは?

梨状筋症候群お尻についている梨状筋という筋肉。
実はこの筋肉のすぐ下に坐骨神経が通っています。

梨状筋が硬くなることで坐骨神経が圧迫され痛みや痺れが出ることを梨状筋症候群といいます。

デスクワークや日常生活であまり動くことが少なくなったりしている患者さんに出やすい症状の1つです。

 

 

 

ほかにも、梨状筋をよく使うような運動(ゴルフや野球など)で筋肉を使いすぎてしまうと梨状筋が硬くなり神経が圧迫されてしまいます。

始める前の準備不足や終わった後のアフターケア不足で起きることもあります。みなさんは心当たりはありませんか?

悪化してしまうと後々の治療が大変です。
早めにご相談ください。

国領駅前整骨院グループの梨状筋症候群へのアプローチについて

痛みや痺れをそのままにすると仕事や勉強に悪影響が出てしまいます。

まずは痛みを取り除き、梨状筋が硬くならないような身体を作っていきましょう。

痛みが出てしまう場合

痛みを取るハイボルテージ電気機器を使ったハイボルト療法があります。

神経の興奮を抑えて痛みを軽減することが期待できます。痛みがものすごく強かったり、まずは痛みを何とかしたい方はまず最初はこちらの施術をおすすめいたします。

ハイボルト治療についてはこちら
ハイボルト治療 | 国領駅前整骨院グループ (kokuryo-ekimae.com)

原因が骨格の歪みにある場合

梨状筋の負担を減らすためには正しい姿勢と正しい身体の使い方ができなければなりません。再び痛まない身体作りをする為の姿勢矯正があります。

当院の矯正施術は大きな関節と筋肉に対して一緒にアプローチする手技療法と、細かい関節のゆがみに対してアプローチするトムソンテーブル施術があります。

痛みが出にくく、変化の出やすい矯正になっておりますので是非、受けてみてください!
矯正施術についてはこちら
猫背矯正 | 国領駅前整骨院グループ (kokuryo-ekimae.com)
骨盤矯正 | 国領駅前整骨院グループ (kokuryo-ekimae.com)

インナーマッスルが弱くなり梨状筋が硬くなってしまった場合

機械を使い体幹(インナーマッスル)を寝ながら鍛えることが出来るトレーニングがあります。

当院では、まずは今あるお悩みを取っていくための治療を徹底して行います。その後、今後再び痛まないようにするために根本的な原因に対して治療を行います。

せっかくお悩みがなくなっても時間が経ちまた繰り返させると心に対しても身体に対してもストレスや負担がかかってしまいます。

国領駅前整骨院グループがお手伝いできればと思います。

インナートレーニングについてはこちら
インナートレーニング | 国領駅前整骨院グループ (kokuryo-ekimae.com)