腰椎分離

国領駅周辺の皆さまへ こんなお悩みはありませんか?

  • 10代のスポーツ選手で腰痛がある方
  • 腰痛が2週間以上続いている方
  • 腰を伸ばした際に痛みが出る方
  • お尻や太ももに痛み、シビレが出る方
  • 重たい物をよく持つ方

常に腰が痛いのに、「慢性的にある痛みだからしょうがない」
と諦めてはいませんか?

ただの腰痛と思いそのままにしていると、悪化する可能性があります
腰痛を軽く考えずに、一度国領駅前整骨院グループにご相談ください!!

腰椎分離とは?

カウンセリング背骨を構成している腰椎の関節突起間部と呼ばれる場所の連続性が断たれている状態(骨折している状態)を腰椎分離といいます。

この症状は10歳以降のスポーツ活動を行っている人に多く。比較的、男子に多いです。

主な症状は腰痛ですが、お尻や太ももに痛みやしびれが出ることもあります。
腰を捻ると痛みが出ることがあるのですが、
何もしなければ痛みが出ない事もあるので、発症に気付くのが遅くなってしまうこともあります。

発症に気付かず、高齢になってから痛みが出るケースもあるので、
腰痛が2週間以上続く場合は、腰椎分離である可能性が高いです。

腰椎分離の原因とは?

ほとんどの場合、10歳以降の青少年が過度なスポーツ活動を行うことで起こります。
腰を反る動きと曲げる動きをした際の負担が腰の骨(腰椎)の突起部に繰り返し加わり生じる骨折の事です。

その発生原因からストレス性の骨折と考えられています。
柔道や重量挙げなどに多いですが、他にも様々なスポーツで発症している例があります。

また、スポーツをしていなくても、
自分の筋力や体力に見合っていない行動や負担のかけ方、疲労の蓄積をしている方でも起きやすいので注意です。

国領駅前整骨院グループの腰椎分離へのアプローチについて

腰椎分離は痛みを感じない事もある骨折なので、
骨が癒合期間を過ぎてしまう場合があります。
適切に治療を受けないと後遺症としてのちに影響を及ぼすことも少なくありません。

痛みが出てしまう場合

痛みを取るハイボルテージ電気機器を使ったハイボルト療法があります。

腰椎分離の場合、関節に炎症が起きて痛みが強く出ていることが多いです。このハイボルト療法であれば身体の炎症を抑えながら、腰椎(腰の骨)のどこに炎症がでているか検査を行うこともできます。

今後、根本的な治療をご希望される際も
最短でお身体をよくできる方向性が説明できるようになります。

原因が骨格の歪みにある場合

腰部のストレスを減らすためには正しい姿勢を取らなければなりません。再び痛まない身体作りをする為の姿勢矯正があります。

国領駅前整骨院の姿勢矯正は、患者様のお身体をゆっくり大きく動かしていく手技療法と、人間の手では動かせない細かい関節をミリ単位で動かすトムソンテーブル矯正が行えます。

 

2つのオリジナルの矯正を行うことで患者様のお身体をしっかりサポートさせていただきます。

 

インナーマッスルが弱くなり痛みが出ている場合

機械を使い体幹(インナーマッスル)を寝ながら鍛えることが出来るトレーニングがあります。

整えた骨格を支えたり、疲労や負担に負けない身体づくりをするためにもインナーマッスルの強化は重要なポイントです!!

当院では、まずは今あるお悩みを取っていくための治療を徹底して行います。

その後、今後再び痛まないようにするために
根本的な原因に対して治療を行います。

せっかくお悩みがなくなっても時間が経ちまた繰り返させると心に対しても身体に対してもストレスや負担がかかってしまいますので国領駅前整骨院グループがお手伝いできればと思います。