腰痛

国領駅周辺の皆さまへ こんなお悩みはありませんか?

  • 長時間、同じ姿勢で過ごすと腰が痛くてつらい
  • 突然ぎっくり腰になってしまい動けない
  • 仰向けに寝ると痛みが増す
  • 坐骨神経痛があり、腰から足にかけて痛みがある
  • 腰痛を根本から改善したい

腰がずっと痛いのに、「慢性的な痛みだから」と放置していませんか?
ただの腰痛、ただのギックリ腰と思い放っておいたままにすると、悪化する可能性があります。
ただただ寝ていればよくなると自己判断せず、一度国領駅前整骨院グループにご相談下さい。

ギックリ腰やヘルニアなどの腰痛の原因とは?

●椎間板ヘルニア  

椎間板ヘルニアとは、椎間板という背骨の間にある軟骨の中にある髄核というジェル状の組織が外に飛び出てしまった状態です。腰椎椎間板ヘルニアは、急性的になるものではありません。
普段の生活やお仕事で長時間の車の運転や、重いものを持つなど中腰での作業や腰に負担のかかる生活を、長い間続けてきたことで引き起こされます。もっと詳しく

●ギックリ腰

正式名称は急性腰痛と言い、いきなり腰が痛くなる不調を指します。
原因は様々で、重たい物を持ち上げた時や、急に体勢を変えた時など日常の何気ない動作で引き起こされます。もっと詳しく

●仙腸関節炎 

ぎっくり腰の一部は、仙腸関節の捻挫も考えられます。仙腸関節の捻じれが放置されたままだと、慢性腰痛の原因となります。▶もっと詳しく

●脊柱管狭窄 

50歳代以降に出てくることがある不調で、長く歩くことが困難になってきます。
脊柱管狭窄は腰痛自体の痛みはあまり強くなく、片足または両足にかけて痺れをともなうことがほとんどです。 もっと詳しく

腰痛の種類は上記の他にも、腰から足にかけてしびれや痛みがある坐骨神経痛、疲労骨折などで引き起こされる腰椎分離症・すべり症などがあげられます。

腰痛を放っておくとどうなってしまいますか?

椎間板ヘルニアでは、悪化しひどくなると手術を必要となることもあり、かなり悪くなった状態でお越しいただきご相談頂くこともしばしばあります。
急性のぎっくり腰の場合は、早期施術で早めの復帰が可能となりますが、そのままで放っておくと痛みを繰り返したり、慢性的な腰痛に変わってしまうこともあります。

ギックリ腰で自己流のケアは厳禁!

腰が痛い男性

ギックリ腰は重い物を持とうとして、腰に激痛が走り動けなくなった、くしゃみをしたなどふいのタイミングでおこります。
そのため、それまで腰痛がまったく無かった方が急にギックリ腰になってしまい、対処法がわからない方が多くおられます。

ギックリ腰をご自分で処置しようと市販の湿布を貼ったり、お風呂でマッサージする方もいらっしゃいますが、間違ったケアをしてしまうとかえって悪化させるリスクがあります。
またしばらく安静にしていって徐々に痛みが消えたと思っていても、筋肉の緊張状態が続いていると痛みを繰り返す恐れもあります。

筋肉の張りや硬さを和らげないと原因からの解消とはいえません

当整骨院グループでは根本からの回復を目指しサポート致しますので、痛みや不調を長引かさせないためにも、自分だけで対処せずにぜひ一度お越しください。

国領駅前整骨院グループの腰痛の施術方法

関連する筋肉の緊張緩和を目的とした手技療法

骨盤矯正はこちら

同じ腰痛といえども、原因は様々ですのでお一人おひとりの痛みの出方を見て、細心の注意を払いながら必要な手技を選び、腰の痛みに取り組みます。

急性腰痛には筋肉の深い部分へ刺激を届けるハイボルテージ療法

施術機器ギックリ腰などの急性期や腰の痛みがあまりにも強い場合は、ハイボルテージという電気機械を使います。痛みの深部にしっかりと届き、炎症を抑える役割があります。

再発防止・腰痛予防のための深部インナーマッスル強化

インナーマッスルトレーニング

インナーマッスルが弱まって痛みが出ている場合は、寝ながら体幹(インナーマッスル)を鍛えてくれます。インナーマッスルを強化して、腰痛を繰り返さない身体作りを目指します。

その腰痛あきらめないで!

施術風景

腰痛は一度痛みが出てしまうと、その時の痛みがなくなったとしてもまた繰り返してしまう不調です。

「また、あの痛みを繰り返すのでは?」と不安で過ごされている方も少なくありません。
わたしたちは再び痛まない身体作りをして、元気に日常を送って頂くために、根本的な原因を解消していくことが大切だと考えて、回復のサポートをしています。

様々な手技で応援!

はじめての方へ

料金はこちらをチェック